期間工 パワハラ トヨタ

 

ども!あさとも(@kaoruasatomo)です!

 

今回は工場内でパワハラはあるのか?についてお話していきます。

 

なんか工場の仕事ってミスしたら怒鳴られるのかな?

 

上司や社員は体育会系でおらツイているようなイメージがあるんだけど・・・

 

初めて期間工に挑戦しようと思っている方はイメージがわかないと思います。

 

結論から言いますとほぼありません!(0ではありませんが)

 

あなたが安心して期間工に挑戦できるようにその理由を現役組長あさともが説明していきますね!

 

それでは最後までお付き合いください!

パワハラのきっかけを作らないためにやることとは

期間工 パワハラ トヨタ

真面目に仕事をこなしている人に対してパワハラが起こることはまずありません。

 

やはり一人前に仕事ができるまでの過程が重要なのです。

 

 気を付けることを4点ほど説明しますね。

服装の乱れに気を付ける

服装が乱れていると、周囲からの印象が悪くなってしまいます。

 

例えば工場内でドラマ「今日から俺は!」みたいなヤンキー風に作業着を着ている人がいたら引きますよね・・・

 

変なやつ、関わりたくないなと思う人がいる反面、何か言ってやろうという人が出てきてもおかしくありません。

 

ですので服装は大切です。あと作業着をきれいにしておくのもポイント。

 

作業着が汚すぎると仕事できないやつ認定されがちです。

作業を早く覚えるよう努力する

初めは仕方ありませんが、ほかの人が1週間でできるようになる作業を1か月かかっても出来ないとなると、指導員が何度も教え直さないといけません。

 

初めての期間工で仕事を覚えるのに時間がかかるのは当然です。

 

ですが、早く正確に作業を覚える努力はしてください。

 

その姿勢がないと思われてしまうとパワハラが始まるきっかけになってしまいます。

間違いを改善する姿勢を見せる

指導員の教え方が悪いという場合もありますが、

注意された内容を直さない

何度も同じミスを繰り返す

ミスを改善する努力をしない

となると優しかった指導員も口調が強くなってくる場合がありますね。

 

その指導の仕方、口調の強さが行き過ぎてパワハラと感じることがあります。

 

当たり前ですがルールを守る、仕事を早く覚えるといった努力はしましょう。

 

不真面目な人には風当たりが強くなりやすいですからね。

 

いくら覚えが悪くても一生懸命頑張っている人にきつく当たる人はいませんので。

コミュニケーションを適度にとる

 

ライン作業は黙々と作業を行うため、コミュ障でも問題なし!なんて声も聞きます。

 

ですが最低限意思の疎通くらいはできるようにしましょう。

 

自分から周りに積極的に話しかけていく必要は全くないです。(逆にウザガられる)

周りの人に話しかけられたら軽く会話をする。

仕事を教えてもらっているときにわからないことは必ず質問する。

 

この二点ができれば大丈夫!

 

新人に仕事を教えている指導員も、質問があれば「仕事を覚える努力をしてくれているんだな」と感じますので。

 

やる気があると周りに思ってもらうことが重要です!

パワハラ気質のあるひとの特徴

期間工 パワハラ トヨタ

今は組長や工長にはコンプライアンスの教育が徹底されていて、パワハラを行う職制はまずいません。

 

仮に、本当にパワハラをやっていないにしても、疑いをかけられるだけで大きなマイナスイメージがついてしまうからです。

 

ですので職制クラスがあからさまなパワハラをやることは不可能なのです。

 

しかし会社には10代から60代までの幅広い年齢、様々な考え方の人が働いています。

 

一通りの教育を受けているはずですが、一部でおかしい人がいるのも事実です。

 

そこで、特に注意したほうがいい特徴の人を紹介します。

年配の正社員

特に50代以上の年配の社員で、管理職を経験していない方は昔の感覚のままの人が多い傾向があります。

 

そういった人は感情的になって

 

「一回教えたのになんでできないんだ!」

「次はないぞ!」

「だからお前はダメなんだ!」

などと言ってくる傾向があります。

 

こちらが意見を言おうとすると

「口答えするな!」

「言い訳は許さん!」

などと言ってきます。

 

こういう人何を言っても無駄です。時代錯誤もいいとこです。

 

逆にまともな人なら

 

「わからないことがあったら遠慮せずに何度でも聞いてね」

 

と言うはずです。

 

というか言わなかったらおかしいです。

 

僕がラインマン時代、設備が停止したのアンドン(呼び出しベル)でリーダー呼んだら

 

「こんなことでいちいち呼ぶな!」とキレられました。なので

 

「じゃあどうすれば良かったんですか?止める、呼ぶ、待つを守れって言ったの誰でしたっけ?」

 

と言い返したら頭から湯気出しながら修理してました。

 

今から10年前の話なので今時こんな人見ませんけどね(笑)

 

トヨタグループは【呼んでくれてありがとう】の精神ですよ!

(他のメーカーはどうだかわかりませんが・・・)

若いリーダー、ライン外

 

ひと昔前は、正社員も長い期間ライン作業を経験したうえでリーダーになっていました。

 

ですがトヨタ系メーカーでは人材不足のため、経験の浅い若者がリーダーになることが多くなってきています。

(正社員登用が増えているのもこのため)

 

そのため自分が偉くなったと勘違いして、態度が横柄になる人間も中にはいます。

(年上の期間工の方に対してタメ口、暴言など)

 

こういった人間は、若くて舐められないようにと勘違いしている人がほとんどです。

 

こういった経験の浅いリーダーには僕たちGLが適切な指導?をしますのでチクリを入れましょう。

先輩期間工

 

割と多いのが期間工同士での人間関係ですかね。

先輩期間工が後から入った期間工に対して先輩風を吹かせて色々といちゃもんをつけてくるなど。

 

飲みに誘ったのに断ったら次の日から当たりがきつくなったとか。

 

過去にあった例で言うと、わざと不良品を後工程に流して、後工程の期間工の人をハメようとしたという事例がありましたね。

 

故意に品質不具合を誘発するようなことをすれば即刻処分されます。

 

そんなことをするとすぐバレますので絶対にダメですよ!

 

やられたほうもスルーして流してしまうと、普段見ているか疑われますのでお互い損です。

 

GLクラスはしっかりコンプライアンス教育を受けています。

第三者に聞き込みをして裏を固めてくれるはず。(僕ならそうします。パワハラを立証するためには第三者の証言が必須です。)

 

もしパワハラにあってしまった場合は、被害にあった日付、内容を必ず記録しておいて下さい。

 

後で戦うための材料になりますので。

まとめ パワハラ被害にあってしまったときは

いかがでしたか?

 

コンプライアンスが徹底された大手企業において、パワハラに会う確率は極めてゼロに近いです。

 

ですので過度に心配する必要はありませんよ!

 

期間工に挑戦するあなたが行う対策は

仕事を覚える姿勢を見せる

(頑張ってる人を悪くいうヤツはいない)

 

工場内のルールを守る

(目を付けられないため)

 

パワハラと感じた場合はGL、組長クラスに直接相談

(TL、班長ではなかったことにされるかも)

以上の3点に気を付ければ大丈夫かと。

 

ですので不安がらずに思い切って飛び込みましょう!

 

あなたが快適な期間工ライフを送れるよう応援しています。

 

ご安全に!

おすすめの記事